読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oops! seakayak!! and my pleasant days!

明日ありと思う心の仇桜  夜半に嵐の吹かぬものかわ ・・・的な

うねりの中で…

約一ヶ月振りの海漕ぎ!

68歳の新人カヤッカー、Nさんと一緒に葉山にGO!

Nさんは海3漕ぎめ。まだまだ師匠に教えを請いだ方が良かろうと師匠にお声かけ。

f:id:junPseakayak:20140820223913j:plain

するとラッキーな事に、CAPAの新型、CAPA-S(上の写真一番手前)を試乗させてくれるとの事で、うほほ〜〜〜いと喜び勇んで試乗させて頂きました。

前身のCAPAと比べ、シート形状の変更、コクピット周りの構造強化、コクピットのフロント部分のボリュームを押さえ全体的に17%のボリュームダウン。

本艇は試作品との事でFRP製だったけど、持った感じそんなに重くは感じなかった。

試乗した感想は・・・シートのフィット感は抜群!漕ぎ出しもとてもスムーズ。きょう結構なうねりの中を漕いだが波をキャッチするような感じで安定感があるにもかかわらず、操作性も良い。チョット大げさだが水面に張り付く様な感じでうねりの中でも安心して乗っていられた。きょうは試さなかったが、CAPAより高さを押さえた分ロールもくるっと回れそうな気がした。次回試してみたい。今回はFRPだったが、ケブラーカーボンだと恐らく3〜4kgくらい軽量化されるだろうからどんな感じになるのか、ぜひ完成したら試乗してみたいと思った。

ん〜〜〜〜、こりゃあ私にはどストライクなカヤックかもしれない。

購入資金… さ〜てどうしませう(。´д`。)

 

さて、3回目になる海漕ぎのNさん。

きょうの海況はチョット厳しいか… とりあえず長者のお池を出発!

f:id:junPseakayak:20140820223915j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223916j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223917j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223914j:plain

天気は快晴! 長者のお池の中はそこそこ静かなれどそこから一歩でると…

f:id:junPseakayak:20140820223922j:plain

写真ではチト分かりづらいか… そこそこのうねりが入ってます。

師匠曰く、海漕ぎ3回目でこのうねり、私だったら怖くて泣くか帰ります!

って、連れて来たのは師匠ですから〜〜〜!

それにしても、付いてくるNさんもNさんです。凄過ぎます!

そんなNさんを見て、師匠が鬼モード突入です。

完全足付かずの場所でパドルフロートレスキューのレクチャー開始。

パドルフロートレスキューとは、沈したあと、パドルフロートというビニール製の道具に息を吹き入れて膨らまし、それをパドルの片方に装着したあと、ひっくり返ったカヤックを元に戻してパドルをカヤックに固定。パドルフロートの浮力を利用してパドルに仰向けの状態で体を預け、足先からカヤックに再乗艇するセルフレスキューの事です。

・・・もし私が海漕ぎ3回目のNさんの立場だったら、

①「師匠のバカ〜〜〜!」と言って逃げる。

②泣きながら岸に向かう。

③聞こえないふりをしてニコニコする。

④死んだふりをする。

師匠も言ってました… 「私だって断る。」と。

でもNさんのポテンシャルを見抜いてるんでしょうね。やっちゃったんですよ。

f:id:junPseakayak:20140820223924j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223928j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223929j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223931j:plain

f:id:junPseakayak:20140820223933j:plain

いやいや、素晴らしいの一言です。

実際の話、沈する時ってこんな状況の時な訳ですから、ある意味きょうの海況はNさんにとってラッキーだったかもしれません。

たった3度の海漕ぎですんごいステップアップです。

年齢とか関係なく、興味ある事に向き合う精神的なタフさ、勉強させて頂きました!

ありがとうございました!

それと師匠。いろいろとご配慮、感謝します。またよろしくお願い致します!

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...