読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oops! seakayak!! and my pleasant days!

明日ありと思う心の仇桜  夜半に嵐の吹かぬものかわ ・・・的な

「落ち込むわ〜〜〜」な二つの事。

「落ち込むわ〜」その一

もちろん連日応援してきた錦織選手の敗退です…

ラオニッチ戦翌日の水曜日、漕ぎに行くつもりで早起きせねばならないがそんな事はお構いなし。最後の一球まで見届けようと固唾をのんで観戦。

テニスの名言に「この一球は 絶対無二の一球なり」という言葉ある。その一球が第2セットの第2ゲームに出たのだ。しかも錦織選手に悪い形となって…

錦織選手のサービスゲーム。30−0から2本続けてアンフォーストエラーにより30−30。続けてラオニッチ選手のライン上の際どいボールがチャレンジによりIN判定。しかもこれがリプレイにならずラオニッチ選手のポイントになった。その後のポイントをラオニッチ選手が取りこの試合初めてのブレイクを許した。このゲームが試合の流れを大きく変えてしまった。

そのまま立て続けに自身のサービスゲームを落とし第2セットを取られた。第3セットではタイブレークに持ち込むも流れは変わらず7−4で再びセットを落とした。このタイブレークは錦織選手に取って最後のチャンスだったのかもしれない。結局大きな流れを変える事が出来ず第4セットを6−3… 敗退してしまった。

一球もしくは一ゲームというのはひとつの試合の中では小さなものだが、それが試合の流れを大きく左右するという事を改めて思い知らされる試合だったように思う。

あとから振り返れば「あの時のあの一球・あのゲーム」と思うのだが、試合中にそれが試合結果を左右するものだという認識を持つのは非常に難しいだろう。

もしかしたらその認識を「試合勘」「勝負勘」といい、それを持ち合わせ制する事が出来る人こそがトップに君臨するという事なのかもしれない。

錦織選手にはぜひそうなってもらいたいと心から願う今回のウィンブルドンでした。

 

 「落ち込むわ〜」その二

結局2時間ほどの睡眠しかとれず、うだうだしながら若干遅めの5時に出発。

本日(7月2日)はご近所でお世話になっている素敵なおじさま、Nさん(68歳)とご一緒です。私がシーカヤックをやっているのを知りぜひ体験してみたいとの事。大歓迎です!

圏央道が高尾山から海老名まで開通した影響か、いつも渋滞する箇所も比較的スムーズに通過。きょうは愛車が入院中のe110さんも途中でpick upしてにぎやかな車内です。

7月から平日も有料となる葉山公園駐車場。去年は1000円だったのに1550円に値上げ!値上げも設定金額も意味わからんとみんながブーイング。

f:id:junPseakayak:20140702211902j:plain

Nさんは全く初めてなので、やっぱここは師匠にお願いしようとお声かけ。快くお引き受け頂き感謝です。

しばらくするとひでさんとK山さんもご到着。本日総勢6名の船団となりました。

f:id:junPseakayak:20140702211859j:plainf:id:junPseakayak:20140702211901j:plain

f:id:junPseakayak:20140702211900j:plainf:id:junPseakayak:20140702211903j:plain

f:id:junPseakayak:20140702211904j:plain

チョロチョロっと(失礼!)Nさんにカヤックの事を説明する師匠。な、なんと5分ほどで「はいっ、じゃあ乗ってみましょう!」!!!

f:id:junPseakayak:20140702211907j:plain

ま、まじか?

f:id:junPseakayak:20140702211908j:plain

って、Nさん、乗ってるし・・・

f:id:junPseakayak:20140702211909j:plain

数年前までパラグライダーやバイクに乗っていたというNさん。バランス感覚が素晴らしく、カヤック独特のフワフワ感も何のその。笑顔で堪能されたみたいです。よかった。

 Nさんのペースにみんなが合わせてくれて、のんびりゆっくり・・・

f:id:junPseakayak:20140702211913j:plain

↑ タイトル「先生! はいっ!!」

f:id:junPseakayak:20140702211917j:plain

↑ タイトル「先生! 2番目は私にっ!!」

f:id:junPseakayak:20140702211914j:plain

↑ タイトル「ひでですけど、なにか?」

f:id:junPseakayak:20140702211911j:plain

↑ タイトル「海の中心でなにかを叫ぶ!」

f:id:junPseakayak:20140702211915j:plain

↑ タイトル「あわせてもうすぐ130歳!」

f:id:junPseakayak:20140702211916j:plain

↑ タイトル「愛車の修理代… いやきょうは楽しもう!」

 

そんなこんなでいつのまにか尾が島まで漕いじゃいました! Nさんの適応力に皆さん驚くばかりです。

 午後からは風が上がってきたので長者のお池でロールの練習タイム!

第2の「落ち込むわ〜」の原因はここ。

新しいロールを師匠に教えてもらって練習したんだけど、脳内イメージが体現できずボロボロ・・・ 左のロングロールは問題ないみたいだけど納得いかず。師匠には「うまくなる前の前段階。大丈夫!」と声かけられるも自分の不甲斐なさにプチ落ち込み。

まっ、師匠の言葉を信じ練習あるのみですな!

 

ともあれ、きょうは68歳の新人カヤッカー、Nさんの誕生を心から喜ぼう!

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...