Oops! seakayak!! and my pleasant days!

明日ありと思う心の仇桜  夜半に嵐の吹かぬものかわ ・・・的な

グリーンランドパドル 略して “Gパ”

ここ数回のブログの中で出てくる言葉、グリーンランドパドル(以後Gパ)

 

先日葉山でひでさんのGパをしばらく貸して頂くこととなり

当日も後半はずっとGパで漕いでみました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ヒデさんが撮ってくれた連写画像 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:junPseakayak:20130906180130j:plain

 

f:id:junPseakayak:20130906180147j:plain

 

f:id:junPseakayak:20130906180215j:plain

 

f:id:junPseakayak:20130906180234j:plain

 

f:id:junPseakayak:20130906180300j:plain

f:id:junPseakayak:20130906180346j:plain

f:id:junPseakayak:20130906180411j:plain

 

 

現在使っているパドルは、レンダルのキネティックツーリング700。

4ピースのカーボン製で重さが約860g、フェザーで60°の角度をつけている。

 

Gパは、アンフェザー。つまり角度のない真っ平らなパドル。

重さは聞いてないし測ってもいないが、最初に持った瞬間、“軽ッ!”と思った。

 

この日は初めてということで、漕ぎ方は気にしないで慣れることとPuff師匠に言われ

とにかく使ってみたのが上の連続写真です。

 

アンフェザーなのでゆっくりとブレードの先を見ながら入水角度を確認。

 

マイパドルに比べ、ブレードが長く細い。

見た感じからしてとても心細さを覚えるのは確か。

 

しかし、いろんな漕ぎ方を試しているとマイパドルとほぼ変わらない感覚になる時がある。

しかも、抽象的な言い方になるが、なんだか “やさしい” 感覚が伝わってくる。

なんだろう? 手首とか肘に水の抵抗がソフトに伝わるというか・・・

 

もしかすると、Gパを使いこなしている人からすれば

“いやいや、そこじゃなくて・・・” なんて言われるかもしれないような勘違いなのかもしれない。

Gパを使った漕ぎ方をちゃんと教わっていないので何とも言えないが

へっぽこなりの第一印象としては、非常にGOOD!!

 

使いこなせるようになったらとっても楽しそうだなぁ。

 

さて、次はいつ漕ぎに行こうかな?

 

それまでに右肘よッ!

痛いの痛いの 飛んでゆけ~!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...