Oops! seakayak!! and my pleasant days!

明日ありと思う心の仇桜  夜半に嵐の吹かぬものかわ ・・・的な

我がブログに新たなキャラ登場・・・の巻

流行りものにはあまり関心を寄せない方なのですが

このドラマについては世間様並みに楽しく拝見しております。

 

そう、『半沢直樹』です。

 

そこで、カヤックを楽しんでいる『じゅんP』とは別に

家でもろもろ趣味なのか単なる雑用なのか・・・わけわからない事をしている日常のキャラとして

彼に登場してもらおうと思います。

 

その名も・・・

 

 f:id:junPseakayak:20130817192950j:plain

 

・・・

 

どうか引かないでください・・・

 

そこのあなた、ホンの少し・・・ほんの少しでもいいので笑ってやってください。

 

まあ、それくらいの反応は覚悟していましたが・・・

とりあえず、第六話の予告をもとに最近のじゅん沢の様子をパロってみましたので

お目汚しですがご一読を・・・

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

じゅん沢が東京志井加屋句銀行西湖支店でテニス肘を発症し、

既に3週間が経とうとしていた。

 

ある日、嫁に呼び出されたじゅん沢は、突如大きな仕事を背負わせれることになる。

それは自宅裏に置いてある、ウッドデッキを作った時の残りの木材の片付けと

片付けて綺麗になった土間の部分に、新たにウッドデッキを造作することへの対応だった。

 

自宅裏の土間部分は、長きに渡りほとんど利用されることなく

木材や使用頻度の低い道具置き場にしたばかりであったが、

その直後、ブルーシートの運用失敗で雨などによる損失が出ることが明るみになったばかりであった。

 

自宅玄関前で、改修不能と思われた物置や巨大冷凍庫置き場の不良箇所を改修したじゅん沢だが、

床下が200前後しか確保できないウッドデッキの造作となると次元が違う。

 

「自分には無理だ」

 

と言うじゅん沢に対して、この案件は嫁命令であると嫁は告げる。

 

早速造作のために奔走するじゅん沢だが、今回の巨大案件には隣接するお隣さんをはじめ

様々な立場の人間の様々な思惑が錯綜しており、

早期に事態の収拾を図ることは不可能のように思われた。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

・・・

さて、どうしたものか・・・

この続きは私の勇気と覚悟、そしてみなさんの反応に掛かってます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...