Oops! seakayak!! and my pleasant days!

明日ありと思う心の仇桜  夜半に嵐の吹かぬものかわ ・・・的な

理由付け…(言い訳 or こじつけとも言う)

深い理由は無いが自分の寿命は70歳くらいで充分だと思っている。

長くても75歳くらいか…

なのであと20数年あるか無いか位の年数という事になる。

出来ればその直前まで元気でカヤックを漕いでいたいが、恐らくそうはいくまい。

 

毎年夏はくんちゃんとキャンプに行く。

ここ数年、湖畔でワンコと水遊びをしながら、キャンプ飯を作りながら、キャンプファイヤーをしながら、早朝昇る太陽を見ながら必ず思う事は 

“あと何回来れるんだろう”

別に悲観的、センチメンタルな気分では無くただ漠然と半分自嘲しながらそんな事を思っている。

 

この歳になると20年という時間の短さを実感する。

田舎で生まれて東京に出て行くまでの時間(時間という表現もどうなんだろう)が20年、東京で暮らした時間がもう30年を超える。

 

自営業なので定年という明確な区切りが無い。どこかで区切りをつけて出来れば最後の数年でも故郷で過ごしたい。ずっと変わらず故郷は私にとって一番の場所。

山に囲まれた小さな町で、ローカル線も1時間に1本、もちろん電車ではなくディーゼル車。しかし某有名クルーズトレインが通過する事が父親のチョットした自慢のひとつ。停まりもしないのに・・・ ┐(*´~`*)┌ 

駅裏には地下からこんこんと湧き出る湧水による池があり、町の数カ所には温泉もある。昔と違いコンビニも出来たので都会の便利さに慣らされた私でも問題なく生活できる。

何より先祖代々の墓があるのでその心配をしなくても良いのは大きい。

墓に入ってしまえばこっちのもの。子どものいない私にとっては後は野となれ山となれ。(あっ、妹には迷惑をかけるかもしれない・・・)

ご先祖様には向こうに行ってから謝ろう。

 

・・・

 

結局、要は20年なんてあっという間ってことです。(以下括弧内=仮想嫁:ん?なんか口調が変わったぞ)

来年でも出来るかもしれないけど、今出来る事は今やった方が良いってことです。(うん、完璧に口調が変わったな。“いまでしょ”みたいな言い方してるし)

この時期、アヤメがとてもきれいなんです。(はい、そうですけど… 急にアヤメって)

関東近辺でアヤメがきれいと言えば?(言えば?)

潮来でしょッ!(あ〜あ、はっきり“いまでしょ”を意識してるし… しかも潮来って“橋幸夫”かっ!)

しかも潮来近辺には“加藤洲十二橋”など地名にもある通り水郷として有名なんです。カヤックで巡る事も出来るんです!(ほ〜ほ〜、それはそれは風光明媚な。・・・カヤックで?)

でも一度も行った事が無い…(…だから?)

行った事が無いところに一人で行ったら危ないでしょ!?(は〜?いい歳したオッサンがいまが旬のブラジルかっ!)

だから嫁よ、あと20年を有意義に過ごす為にも今度の火曜日、くんちゃんの都合が付いたらお休みちょうだい!(・・・知らん!死ぬまで生きてろッ!)

 

・・・

んーーー、仮想嫁には通じず。

他の理由を考えよう。フウ((((。(´°Α°`)。))))ェェ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...